2016年04月02日

入社式

slogan-newgrad-201604


久しぶりのブログ投稿になりますが、元気でやっております。昨日は4月1日。ベンチャー界隈はエイプリルフールで盛り上がったかもしれませんが、結局何もしかけていない弊社です。はい。世の多くの会社が新卒入社式をおこなってらっしゃたかと思いますが、私たちスローガンも、入社式なる儀式をカジュアルに執り行いました。

なんと10名!の新卒入社と1名の中途入社の11名を迎えました。50名の会社で11名の新しいメンバーを迎えることになるので結構インパクトは大きいはずなのですが、10名の新卒のうち、3名はフライング入社組(在学中に正社員として働き始めている)ですし、他4名もうちでインターンを経験しているので、いわゆるフレッシュな新入社員は3名のみという状況ですので、大きな混乱は生まれていません(まだ初日を終えたのみですが笑)

10名の新卒は、男女比4:6です。スローガン史上はじめて複数の女子が採用できた新卒世代なのですが、複数採用できたところか男女逆転しました。地域は、北は北海道から南は福岡までいます。エンジニア2名、デザイナー2名と職種もばらけており、慶應の体育会が2名(野球部、ソッカー部)もいます。本当にこれからが楽しみです。

今後、こちらのスローガンfacebookページにて、どんな新人が入ったかを情報発信していくと思いますので、いいね!押してお待ちください。

スローガンの入社式は、ちょっと世間の入社式と少し違っているかもしれません。少なくとも私が新卒時に入社した会社で私が参加した入社式とは大違いです。変わっているかもしれないと思う点を羅列してみます。

・新人の服装がカジュアル。
昭和生まれ的にはジャケットぐらい着ろよ、と思うところもありますが、来てない男子もいました笑。他の会社でも浮かないレベルに新入社員らしい格好の人は1名だけかな。。

・入社式で新人が挨拶。フォーマット自由。野次も飛ぶ。
新人の挨拶はベンチャーとか中小規模の会社で、かつ採用人数が多くない場合は、当たり前でしょうが、逆に大企業で採用人数も多いと、新人が挨拶することはなく、座って参加しているだけの方が多いのでしょう。挨拶のフォーマットは自由で、昨日のスローガンの新人の中には、多摩美出身のデザイナーが紙芝居で自己紹介してくれて先輩社員の似顔絵もあって、大ウケでした。

それに、加えて、前で挨拶する新人に、オーディエンスである先輩社員から突っ込み、野次がどんどん飛びます。これはなかなか珍しい入社式じゃないでしょうか。既にインターンとして入社前に、中で働いていた新人が多い会社ならではでしょうか。

・記念の集合写真では、経営陣は端っこに写る。
これは私たちのこだわりでもあるのですが、入社式は新人が主役ですので、主役を真ん中にというのが当たり前の感覚なのですが、私たちの会社の集合写真を見ると「あれ?社長はどこ?」ってなります。

※このブログの投稿に上部にある写真の前列真ん中あたりにいる10名が16年新卒なのですが、どの人が新卒の新人なのかわかりにくいと思います。というか、そもそもこの写真が入社式ぽくない笑。

こんなちょっと変わったスローガンですが、2017年新卒採用もやっておりますし、中途採用も行っております。ご興味お持ちいただけましたら、採用サイトもご覧ください。→ スローガン採用サイト


yutaslogan at 16:59コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月26日

10周年

slogan10th


スローガンはこの10月で10周年を迎えました。

登記したのが2005年10月24日だったので、先週の土曜にちょうど丸10年経つことになります。本当は盛大にどこかのイベントホールでも借り切って、パーティを開催しようかなども妄想していたのですが、10期の決算も黒字ではあるものの、派手に良い感じなわけでもないので、現社員メンバーと元インターン・元社員の一部をお誘いして内輪のパーティを開催してお祝いしました。

業績的には、過去10年にわたり成長し続けることができ、過去3年の成長率は、デロイトFast50で言うところの30位ぐらいにはランクインするレベルです。※弊社は監査法人による正式な監査未実施のため、Fast50にはエントリーしていません。

さて、この10年を振り返ると、スローガンの歴史は、起業当時28歳だった自分も含め、無名の若者たちによる無謀なる試行錯誤の連続の歴史であったと思います。

何も実績のなかった私たちに仕事を任せてくださったクライアントの皆さまには本当に深く感謝しています。特に初期のクライアントの皆さまにはご迷惑をおかけしながらも、長い目で暖かくご支援いただいたこと感謝してもしきれません。

そして、オーナー様には失礼ですが(ビルのオーナーさんも私たちのような怪しい小さな会社によくぞ貸してくださったこと自体本当に感謝です)、神田の怪しい雑居ビルで開催されていたセミナーに足しげく通ってくれた学生の皆さんに始まり、今日に至るまでGoodfindの評判とブランドを形成してくれた学生の皆さんに本当に感謝しています。

私たちはちょっと不器用過ぎたかもしれません。青臭く、正直過ぎたかもしれません。目指している世界観やビジョンから考えると、まだ実現したいことの1%も実現できてないな、と思ったりもします。次の10年を考えると今はスタート地点に過ぎないとも言えます。

でも、これだけは言えます。

この10年の業績をこのメンバーで、無名の若者たちの力で、実現できたことを心から誇りに思います。そして、仕事をくださったクライアントの皆さま、出会った学生の皆さんにとても感謝しています。

クライアントの皆さまには仕事で恩を返していきたいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。元学生の皆さんには感謝の気持ちを表して、Goodfindの元ユーザの皆さんをご招待する、ささやかなパーティを開催したいと思います。

平日夜ではありますので、ご参加難しいかもしれませんが、少しでも顔を出してもらえるとうれしいです。facebookイベントで招待済みの皆さんも、招待されてない皆さんも是非!

(手作業でうちのメンバーが分担して招待しましたが漏れがありましたらすみません。当時会っていたうちのメンバーが離職しているケースもあると思うので、その場合招待が完全でない可能性があります)

2015年10月28日(水)19:00スタート
場所は、青山の弊社オフィスです。
facebookイベントページ

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

次の10年もどうぞよろしくお願いいたします。

yutaslogan at 19:45コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月13日

お祭りなのだ

blog20151013


今年は現場メンバーで企画してなかなか面白いイベントに仕上がっているように思う。5月と10月の年2回だけ開催する弊社主催の大型イベント・グローバルキャリアサミット東京のことだ。

正直な話、有名大企業だけを集めてイベントをやっても意味がないと思いつつも、そういった企業が全くいないと学生が集まらない。そんな苦悩を形にしたのがこのイベントだ。正直すぎるだろうか。

私たちのビジョンは人を軸にした新産業創出エコシステムをつくること。だから新興成長企業や起業家が主導するスタートアップ・ベンチャーを採用の面から支援するビジネスをずっとやってきた。

このイベントは一見するとそのコンセプトからは外れるかもしれない。戦略的なイベントだ。最初から無名のベンチャーだけが出展するイベントだけに絞ってしまっては入口が広がらない。エントリーイベントとして戦略的な役割を担っている。

そんな内部事情およびちょっとした言い訳はこれぐらいにして、実際になかなか面白い企画になっているので、見てみてほしいし、現役学生の後輩や知り合いがいればぜひ紹介してほしいのだ。

まず注目したいのは、

blog20151013-0


モルガン・スタンレーMUFG証券×クックパッド
という他ではなかなか聞けない組み合わせのパネルディスカッションである。
グローバルキャリアをテーマに語ってもらう。クックパッドも海外企業のM&Aをしているグローバル企業なのだ。

今回はインドネシアで起業してクックパッドから出資を受けていたという元起業家で、現・社長室で海外グループを担当する方が登壇する。なんとも楽しみな話ではないか。

次に、注目は、

blog20151013-1


セールスフォース・ベンチャーズの日本代表×NewsPicks編集長の対談である。
これがヤバい!面白そう!と思う学生は、なかなかの通で、目のつけどころが良い。そもそもNewsPicksをちゃんと読んでる学生はどれぐらいいるだろうか。もっと増えた方が良いと思う。

セールスフォース・ベンチャーズを知っている学生はさらにマニアックだが、エンタープライズITの世界の巨人であるセールスフォースのコーポレートベンチャーキャピタルである。何を言っているかわからない学生諸君はとにかく会場に来るべきだ。

なんだか横文字が多いなぁ、と思ってる諸君、安心してほしい。

野村総合研究所、そして博報堂の人も来るのだ。

※正確には博報堂アイ・スタジオで、かつテーマがクリエイティブとテクノロジーなので、きっとカタカナが多いかもしれない。でも、これからの時代はカタカナだと言って嫌がってはいけないのだ。そう、このイベントのタイトルはそもそもグローバルキャリアサミットなのである。

さて、このイベントの個人的な一番の山場を挙げるとすれば、これである。

blog20151013-2


BCG出身の2名の経営者対談。
ライフネット生命・岩瀬社長×アイペット損害保険・山内社長の対談である。
個人的な山場と言った理由は、私がファシリテータとしてアサインされているからであるが、これは、たしかに激アツいのだ。

保険という伝統的な産業でベンチャーとして成長する2社の経営者が、ほぼ同世代のBCG入社というのも奇遇だし、かたや生命保険、かたやペット保険をやっているこの二人の対談ってめっちゃ面白そうじゃないですか!というわけである。

そして、最後にこれである。

blog20151013-3


伊藤忠テクノロジーベンチャーズのパートナーである河野さんが
投資先であるスタートアップの経営者2名と対談する特別企画!


これはGoodfindじゃないと実現できなかったんじゃないだろうか、というスペシャル企画だ。きっとこの企画に胸がアツくなる学生はもうすでにその時点で優秀だろう。この対談が学生向けにしかもこんな就活っぽいイベントで実現すること自体が奇跡なのだが、とにかく将来起業とかに少しでも関心があるなら聞いてみた方がいい。登壇する二人の起業家もクレイジーでイケている人たちなので絶対に話は面白い。保証しよう。

さあ、私が自社のイベントをこんなに本音でプッシュしたのは初めてだし、いつもと語り口調が違うことに違和感をもった人もいるかもしれない。でも、そんなことはどうでもいい。とにかくこのイベントに多くの学生に来てもらいたいのだ。

2015.10.20[火] 16:00-20:30
入退場自由でベルサール渋谷ファーストで開催
もちろん、服装自由。

グローバルキャリアサミット東京
http://gcs-tokyo.goodfind.jp/

最後に、なんだよ、また東京かよ。
と思った読者の皆さんに朗報だ。
関西方面の皆さん、京都でも大型イベントやるのでこちらもどうぞ。

プレミアムキャリアサミット京都は2015.10.23[金]に京都みやこめっせで開催。
http://pcs-kyoto.goodfind.jp/

yutaslogan at 22:56コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月01日

11期スタート

blog20151001


創業から10期を終了し、本日から11期目を迎えることになりました。設立記念日は10月24日なので、正確な10周年記念は今月24日となりますが、10年やってきたと言って良いタイミングに入ったかなと思います。

自分たちの気持ちの問題も大きいかもしれませんが、実際に10年やってみると、フェーズが変わるというか、少なくともフェーズを変えていくんだという気持ちになりますし、実際に変わってくる感覚を覚えるものです。

スローガンの場合には、10期目からスタートした投資事業として、ベンチャーキャピタルをスタートしたのは大きな一歩だったように思いますし、将来ビジョンからするとまだまだ実現できてないことだらけなのですが、次の10年で向かうべき絵姿を考える上でも、少しずつ始めてみることが大事だなと感じています。

昨日発表したように、体制的にも大きな変更がありました。取締役と執行役員の人事、そして増資です。その件で、個人のブログなので比較的率直に思っていることを書いておきたいと思います。

まず、今回のような人事に至った発端は、昨年起こった海外事業の失敗でした。事業の失敗そのものというよりも、そのプロセスで露呈した当時の経営の意思決定上の問題点です。経営陣の間で遠慮があったり、言うべきことを言えなかったり問うべき責任を問いづらかったりした部分があったように感じましたし、その点を指摘してくれたメンバーもいました。

もっと遠慮なく、健全に経営マターについて議論していくチームをつくることを目指して、社外取締役を導入する決定をしました。それに加えて、共同創業に近い形で3期目からずっと取締役となってもらった織田とも話しあって、代わりに若いメンバーを中心に、チームとして経営していく体制に移行しようという結論になりました。

新たに取締役となる植川は35歳になる年で、執行役員も29歳世代3名と、30歳世代1名という若い経営体制となります。

そしてもう一つ大きな決断としては、経営陣による増資です。

改めて、経営体制を刷新する上で、新経営陣が会社のステークホルダーとなり、中長期でコミットしていくことを表明するためにも、私も含め経営陣に第三者割当増資を引き受けてもらいました。私も含めてトータルで約3000万円分です。個人6名で3000万円を集めたので結構大変だったのですが、みんな快く引き受けてくれました。

私以外のメンバーは創業者ではないのに個人としては結構多額な金額を自社株式に投資したわけですから、客観的にはかなりアツい、気合の入った増資です。

社員持株会もこの規模の会社の割にはみんなちゃんと積み立ててくれてトータルでこれまで累計400万円分の増資の引き受けもできています。私個人のオーナー会社から少しずつメンバーみんなで所有していく体制にしていきたいと考えており、ストックオプションも今回発行しています。

ちなみに、本日は、2016年新卒の内定式でもありました。総勢9名の内定承諾となり、本日7名が参加。1名は海外からskypeで参加。1名は都合により欠席となりました。15卒の新卒1年目のメンバー6人が内定式を企画してくれて、とても凝った演出の楽しい会となりました。内定者の皆さんに改めて、ここで一緒に働きたいと思ってもらえたらいいなと思います。

そんなこんなでスローガンは元気にやっています。11期目新経営体制でさらに大きな勝負をしていきますのでよろしくお願いいたします。

yutaslogan at 21:33コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月23日

シリコンバレーに

sssimage

今年はちょっと奮発してみました。
スローガンのサマージョブの話です。

シリコンバレーに5日間。渡航費・滞在費を支給して学生に行ってもらいます。
Slogan Silicon Valley Summer Job
http://sss.goodfind.jp

なぜ、スローガンがシリコンバレーでサマージョブをやるのか。それは、結構まじめな話でして。まじめな話、スローガンは「人を軸にした産業創出エコシステムをつくる」というビジョンをもっていますので、まさに産業創出エコシステムの代表的なお手本となっているシリコンバレーに行くべきなんじゃないかということになります。なので、また米国拠点や子会社はないのですが、いずれつくる可能性もあると思っていますので、まずはサマージョブで学生と一緒に行ってみようという話です。

スローガンはこれまで、人材の会社、採用の会社、就職支援の媒体をやっている会社など狭く見られることが多かったのですが(実際のビジネスボリュームとしては実態としてそうだったので仕方ないのですが)今年から、スローガン・コアントというスタートアップ向け投資事業をスタートしたのを皮切りに、人づくり人と産業フィールドのマッチングエンジン、そして産業フィールドづくりという3つの領域をもった会社に進化していく過程にあります。

そんな背景もあり、これまでだと出会えなかったかもしれない、尖りのある事業家タイプのタレントを採用する必要もあり、今回のようなサマージョブを企画するに至りました。

実際の企画・プログラムづくりは、私はほぼ何もタッチせずに若手メンバー中心でほぼ完成してました。応募締め切りは7/29のようですのでお早めにご応募ください。

どんなタレントに出会えるか楽しみです。

yutaslogan at 22:35コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月27日

社外取締役

release20150527


5月よりスローガン株式会社の社外取締役に、スター・マイカ株式会社の代表取締役会長の水永政志さんに就任いただきました。5月1日付けですが、登記関係などもろもろ手続きがありまして、発表が遅くなってしまいました。

ニュースリリースページ:スローガン社外取締役に、スター・マイカ株式会社代表取締役会長の水永政志氏が就任

水永さんは、東大在学中に学生起業をされており、売却後に三井物産に就職され、その後UCLAでMBAを取得後に、ボストン・コンサルティング・グループを経て、ゴールドマン・サックス証券でご活躍されました。その後、一度起業を経験し失敗(ご本人いわく失敗ですが、その後、その会社も他社との合併を経て上場を果たします)、再度起業したスター・マイカで上場を経験。ある意味、キャリアの全部盛りのような人です。

私もはじめて、水永さんの存在を知ったとき(著書「入門 ベンチャーファイナンス―会社設立・公開・売却の実践知識」を拝読した際)、この人は実在するのだろうか?と思ったものです笑。

水永さんの本を読んで以来、ずっと気になっていて、いつかお会いしたいと思っていたある時、思い立って、手紙を書いてみたのです。上場企業の社長へのアポイントを何のコネクションもなく手紙で挑んだので無謀なのですが笑、なぜかアポイントをいただけました。そこからお付き合いがスタートしたのです。

Goodfindでも過去に何度かセミナーにご登壇いただいたり、イベントで講演いただいたり、インタビュー記事を掲載させていただいたりと本当にお世話になってきました。それに、私個人にとっても先輩経営者として相談させていただく機会も多く、この度、改めて、スローガンのこれからの事業展開について包括的にアドバイスをいただければと思い、社外取締役をお願いいたしました。

水永さんにとっても初の社外取締役とのことで、お引き受けいただけたことを大変光栄に思います。

地味にコツコツと、ですが、10年目を迎えたスローガンは、着実に次のステージへの飛躍を誓い、準備してまいります。来月にも再来月も新しいニュースをお知らせできる予定ですので、引き続き見守っていただけるとうれしいです。

yutaslogan at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年04月21日

オフィス増床しました

2Foffice-01

2Foffice-02


東京の本社オフィスを増床しまして、3Fワンフロアから2Fも追加しての2F-3F体制になりました。3Fの会議室を2つ無くしてその分、ワーキングスペースを拡張しまして、2Fに会議室、セミナールーム、イベントスペースなどを集約した形です。トータルで、400坪を超えるので、社員40名超の規模の会社としては広すぎるオフィスかもしれません。

今回増床した2Fは、これまでの最低限の質素すぎるオフィスというコンセプトよりも、もう少しだけオシャレにしてみたいということで、デザイン会社さんに設計をお願いしてみました。ツバメアーキテクツさんという会社さんで、ウェブサイトでも事例としてご紹介いただきました。外苑の銀杏並木からを望むオフィスとして、並木のようなリズムがデザインされていて、とても気に入っています。
青山一丁目のオフィス | ツバメアーキテクツ

お近くにお越しの際には、お気軽にお立ち寄りください。

yutaslogan at 22:23コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年03月31日

資金調達をしました。

corporateprofile-image


資金調達をしました。

と書くと、なんだか派手な話題を期待されてしまうかもしれませんが、とても地味な話題です。すみません。エイプリルフールのフライングっぽいですが本当の話なので、今日(3/31)書きます。

3月末時点で、総額1億196万円の調達をしました。といっても、社債&銀行借入&社員持株会への第三者割当増資のセットです。昨今、派手な話題が多いベンチャーシーンの中で、すごく地味なファイナンスで恐縮です。

あとで会社概要を見ていただければわかりますが、資本金がちょっとだけ増えます(社員持株会への割当)。
http://www.slogan.jp/about
創業3年目に役員への割当増資をして以来、約7年ぶりの増資です。残りの1億円は運転資金として社債(CBではありません)と借入の合わせ技で調達しました。
※↑画像は調達前の会社概要ページのキャプチャです。

それはさておき、

明日から新社会人となる方々も多いと思います。
卒業、そしてそれぞれの内定先への入社おめでとうございます。

スローガンにも明日、6名の新卒入社、1名の中途入社を迎える予定です。私個人としても、明日で社会人になって丸15年が経ちますし、スローガンとしても10年目の下半期を迎えます。

世の流れに流されず、地味にこつこつ怠ることなく、自分たちの信じる道を行きたいと思います。

yutaslogan at 17:04コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年02月20日

やりたいこととやるべきこと

businesscard01resize



10年ぐらい前に、創業する前に自分はどんなことをやりたいのか?と自問自答していた際に、いろいろ思いついた中で、今の事業ドメインを選んだわけですが、もう一つ、違う方向のプランがありました。実力的に無理だろうし通用するかわからないから捨てたプランでした。

今の事業ドメイン(人材・採用領域)は、自身の経験から問題意識を強くもったところで、自分が問題に気づいてしまった以上やるしかないという、勘違いからスタートした経緯です。当時、よく司馬遼太郎の小説が好きで読んでいた私は、知行合一であるべき、という陽明学的な価値観の影響も少なからずあったかもしれません。

勿論、今もこの事業を続ける原動力は使命感というかミッションステートメントである「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」を本気で思っているからです。

話を10年前に戻すと、もう一つ自分がやりたいと思ったことがあると書きましたが、それはブランディングの領域でした。それは使命感というよりも、自分自身のWill、やってみたいという願望から来るものだったように思います。

カミングアウトするのも恥ずかしい話なのですが、もう大人なので恥ずかしがってもしょうがないです。もともとクリエイターとかアーティストへの憧れがあった部分もありまして、古くから私を知る人は、そういった側面を知る人もいるかもしれません。小学校時代は漫画家志望でしたし、高校時代には一瞬だけ芸大を受けようかと思ってみたり、大学時代にオリジナルバンドをやってみたり、原宿の近くに住んでみたり笑。

でも、就職活動では、一切その手の業界・会社は受けていません。そっちの世界で勝負しようとしたときに拒絶されるのが怖かったんだと思います。

そして社会人になり15年が経とうとしています。

でも、コネクティング・ザ・ドッツとはよく言ったもので、点と点がつながるわけでして、今の仕事も気づけば、コピーライターみたいな仕事だったり、コーポレートブランディングだったりという側面もあり、自分がやりたいと思っていた仕事が自然とできている自分に気付きます。

考えてみれば、採用領域の仕事自体の本質は、コミュニケーションを扱うことであり、クリエイティブやブランディングの話と切って離せません。この領域で本気で仕事して10年目ですので、それなりにノウハウ・経験もあるという自負もあります。いや、まだまだですが。

まだ、具体的な形でお見せできないのが残念ではありますが、すでにスローガンとして、コーポレートブランディングのコンサルティング案件も1社進行中です。

今後、実績を積んでいき、スタートアップや新興成長ベンチャーにとっての、佐藤可士和さん的なポジションを担えないだろうか?など妄想しています。

クライアント様のお仕事を手掛ける前に、まずは自社もちゃんとしないとね、ということで、スローガン本体のコーポレートブランディングも少しずつデザイナーチームと一緒に進めています。名刺やノベルティのバッグのデザイン、あとはオフィス空間のプロデュースなどいろいろとやることがたくさんあります。
※冒頭のアイキャッチ画像にある名刺がスローガンの新しい名刺デザインです。

創業から9年間、使命感が強すぎた部分もあり、「やりたいからやっているわけじゃなくて、やるべきだからやっている」と豪語していた時期もありますが、最近は「やるべきだし、やりたいこと」というバランスをしっかりとってハイブリッドにしていきたいなと思っています。

少しまた大人になったんだと勝手に思っています。違うかな。

yutaslogan at 20:36コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月26日

スタートアップの探し方

最近、学生時代にGoodfindのユーザだった方々を中心に、大企業やコンサルティングファームに行った方々からの転職の相談も増えつつあります。共通して皆さん、「スタートアップに興味があるが、どうやって探したらよいか?」という点で困っているようです。

たしかに、大手の転職エージェントに相談しても、年間採用予定数が5-10名以下で、かつ求人要件もハイレベルな会社(つまり、無名なのに採用ハードルが高すぎるという意味で、普通のエージェント泣かせ)は、普通のエージェントからすると面倒だし、ビジネスになりにくいので積極的にフォローしようとしないようです。

実際に、私たちスローガンの自社の中途採用においても最近でこそ、大手人材紹介会社からの紹介数が増えてきましたが、社員30名未満のフェーズでは、ほとんど大手紹介会社からの紹介で良い人が採用できることはありませんでしたし、そもそも紹介数が少ないのが現実でした。一部の小規模の人材紹介会社に頼って年間なんとか数名採用できるかどうかという厳しい戦いでした。今も大差ないですが。苦笑

一方で、最近はソーシャル系採用ツールや自社サイトをfacebookで拡散して採用活動も簡単にできるようになってきているので、スタートアップと言っても、採用市場で目にするのは玉石混淆で玉もあれば石もある状態で、見極めが難しい状態でもあります。

つい先日も、某求人ツールで拡散されていたスタートアップに入社した人から、入社早々に会社の業績が悪くなりリストラを勧告されたとの話も聞きました。採用ツールが安く使えるからと言って、無責任に求人募集を拡大して、無責任にリストラをするスタートアップが増えると、これはこれで、スタートアップ全体の評判が悪くなってしまうのでやめてほしいなとも思うものです。

その点、私たちが大事にしてきたのは、お手伝いするスタートアップの数を絞るということ。私たちがここは信頼できると判断したところだけお手伝いするという姿勢です。いろいろな基準で会社を見ているつもりですが、やはり経営者の意志や人柄・誠実さといったところで、お付き合いするかどうかを決めることが多いです。

私たちも40名弱の少人数で運営している会社なので、なかなか手を広げられず、お手伝いしたくてもできないこともあり、お取引をお断りをしてしまうことも多くなって恐縮ですが、方針はぶらさずに、でも1社でも多くの応援したいと思えるスタートアップをお手伝いできればと思っています。

自分のイメージや志向にあったスタートアップを探すお手伝いをするツールとして、スタートアップファインダーというツールをつくってみました。いくつか質問に答えていただけると、自分にあったスタートアップをお知らせする、半自動・半人力のレコメンドサービスです。

startupfinder-image


冗談じゃなくて、半自動・半人力なので、人力でジャッジしてリストアップします。自動化されたエンジンではできないレベルで私たちの経験知・暗黙知を活かしたサービスです。あまり流行りすぎると、パンクするので、ほどほどに(笑)拡散してください。

また、Goodfind Careerでは、個別の面談による相談機会も用意していますので、直接相談したい人はこちらもご活用ください。私を指名してもらえれば、私も個別に面談させていただいてます。

yutaslogan at 22:01コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn
Recent Comments