2014年04月07日

迷った際の決め方

今日は、迷った際の決め方について書いてみようと思います。

この時期、内定が出始めて、来年からの就職先について迷っている人も多いかもしれません。迷うぐらいであればきっと、どちらも良い選択肢である可能性は高いんじゃないかと思っています。ということは極論すればどっちでも良いと。どっちでも良いと言ったところで、じゃあどーやって決めるの?という話になるわけですが。私はそんなとき、こんな話をしています。

1つ。
選択自体が重要だと思いすぎないこと。選択そのものが重要なのではなく、選択後にその選択を正解にするための努力をどれだけ継続できるか?の方がよほど重要なので、あまり選択そのものの優劣(質)にこだわりすぎないこと。選択が重要だと思いすぎる人は、決めた後にも「あの時こうだったら・・・」などと過去の選択に縛られる傾向があるかもしれません。それはイケてませんよね。

2つ。
迷うぐらいなら、他の人が選ばない方を選ぼう。AとBで迷っている際に、9割以上の人がAを選ぶなら、Bを選ぼう。自分という存在を差別化するのは、大衆と違う意思決定の積み重ねです。どっちでも良いと思えるぐらい拮抗する選択肢だったら、他の人が選ばない方を選ぶという希少価値というオマケをつけた方がおいしくないですか?

3つ。
2つ目の話にも近い話なのですが、「話のネタになるものを選べ」と言っています。なんでその選択をしたの?と聞かれたときに、話のネタとして面白いとか、すごいとか思ってもらえる方がおいしいですよね。会社選びの際のネタとして私が好きなのは、「自分が入るかどうかが、その会社の将来に影響しそうな方を選んだ」という話です。こんなカッコいいこと言われたら、その会社の将来性やら規模やらを心配して口出ししてた外野も黙るしかないですよね?

最後に。
選んだ道がくそ大変だったり、まじ死にそうだったりしても、多少の不満はあった方が健全なので、不満は持ち続けて良いと思います(特に若いうちは)。完全に満足している人は成長止まりますし。でも、納得は大事だと思います。不満足であることを認め、でもその状況に納得してひたすら頑張る人でありたいと思います。私自身も。


yutaslogan at 17:02コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年03月29日

親孝行とは

4月から新卒が4名入ってきます。といっても弊社では珍しいことではなく、社員4名のときから新卒を採用し始めているので、今度の4月1日で社員38名中19名(ちょうど半分!)が新卒組となります。

今年の新卒は奇しくも4名とも大学院卒です。そのため新卒なのに平均年齢は25歳を超えています。というのも一人は私と同じ母校の高校を出ながら大学受験をせずにフリーター&バンドマンをして紆余曲折を経て東大・院を修了した28歳男子だったりします。彼が平均年齢を上げています笑。

先月末には、4名の親御さん向けにお手紙と「知る人ぞ知る会社」本をお送りしました。少しでも本人たちが選んだスローガンという会社を知ってもらい、応援してもらたいと思ったからです。どんな反応があるか内心ドキドキしていたのですが、それぞれ、本をきっかけに親御さんとちゃんと自分が選んだ会社について話をするようになったと聞いてうれしかったです。本人はこれまでは親に話してもどうせわからないだろうから積極的に話をしなかったというのですが、本を読んだ親御さんが積極的に話をしてきてくれたそうです。

親孝行とは何かを偉そうに語れるほど私自身が孝行息子ではないので恥ずかしいのですが、学生たちの多くが親の言うとおりにするのが親孝行であると思っていることは、明確に勘違いである、と言いたいです。親の言うとおりに生きるのではなく、ときに親の反対する道であったとしても、自分で意思決定し、自らの選択を正解とすべく努力し、生き生きとした姿を見せることが真の意味での親孝行ではないかと思うのです。

スローガンという会社は甘くないし、まったくラクでもないです。だから最初は大変だと思います。最初は心配おかけすることもあるかもしれませんが、4人には、早く活躍して生き生きと働く姿を見せられるようになってほしいと思いますし、私たちも全力でサポートしたいと思います。

yutaslogan at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年03月28日

Think WeekとかThinkの重要性

ここ最近は、私の中でもまたいろいろと考えが変わってきたことがあり、改めてじっくり考えながら言語化する必要を感じています。ビルゲイツが実践する年に1週間考えるだけの週を用意するというThink Weekというのも面白いなと思いました。私も月に何時間かあらかじめカレンダーをブロックしてThink Hourというのを設定したことがあるのですが、繁忙期には他の予定に浸食されてしまって続きませんでした。なので、いつか思い切って1週間とかやってみようかなと企んでいます。

最近考えが変わってきたポイントって何?と思ってくれる人もいるかもしれませんのでポイントだけ列記しておきます。気が向いたときにもう少しそれぞれのトピックでブログを書いてみようと思います。

・地方をどうするか?東京一極集中とは別の、地域主権のあり方
・どういう人を採用すべきか?そしてどうやって才能を見るべきか?
・戦略の必要性。戦略的にやるということの本当の意味。
・経営幹部の時間の使い方。未来をつくるための時間とは?


yutaslogan at 15:56コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年02月15日

知る人ぞ知る会社

「知る人ぞ知る会社」というコンセプトで(正式名称:「大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社」)本が出ます。もともと、アエラでの東大生が集まる中小の会社という企画の際に、取材を受けた関係で、朝日新聞出版さんとやり取りが始まり、およそ1年がかりで、企画・取材・執筆を進めてきて、2014年2月20日(木)に発売となります。著者は「会社図鑑!」で大企業中心に企業取材・人物取材を多数されてきた(大学の実態について学生に取材して書かれた「大学図鑑!」も有名です)オバタカズユキさんです。私は企画段階から協力者として関わりました。出版社の片桐さん、浅見さんとともに進めきた企画です。




大企業に行かずに、ベンチャー企業と呼ばれる小さな会社に入社する若者たちの実態に迫りたい、そしてそうした企業たちは、これまでの会社像とどう違うのか?ということをあぶりだしたい。そして、できる限り、生の情報をもとに、会社と人物の詳細にわたって描き出したいということで、今回は5社ピックアップして丁寧に取材をさせていただきました。テラモーターズ徳重社長、Sansan寺田社長、ネットプロテクションズ柴田社長、フォルシア屋代社長、クラウドワークス吉田社長をはじめ、それぞれの会社のメンバーの皆さんにご協力をいただきました。ありがとうございます。

なぜこの5社か?という問いについては、なかなか答えにくいというか、明確な基準があったわけではありません。ただ、間違いなく、この5社は「知る人ぞ知る感+優秀な若者が集まる」という2点において注目の会社でしょう。実際、読み応えがある内容に仕上がっていると思います。

私の方で30社近くの候補を挙げて、著者のオバタさん、編集部の片桐さん、浅見さんとやり取りを重ねて、最終的に着地したのがこの5社でした。この5社と同様に、もっとフォーカスして取材して世の中に伝えたいなと思う会社が30社以上あったので、本の巻末に「知る人ぞ知る会社30社リスト」としてまとめて掲載することにしました。こちらのリストアップも、すでに有名すぎるのでは?とかいう理由で漏れてしまった会社もありますので、知る人ぞ知る感+大企業に入社する選択もあったが敢えて入社する若者があとを絶たない感の2点で考えた際に、浮上する注目の30社ということでご理解いただければと思います。

5社のストーリーの後に、第2部として、「大企業とベンチャー、いったいどこが違うのか」という章において、スローガン自体についてもご紹介いただきました。『若者と「知る人ぞ知る会社」を結びつけたスローガン社』、『「優良成長企業」の今と「IT企業」への誤解』、「なぜ若者はベンチャー企業を目指しはじめたのか」といった章にわたって私と著者のオバタさんとのやり取りに基づいた記述が展開されています。

これまでも書籍の中で取り上げていただく機会や雑誌などで取材いただき掲載いただく機会はありましたが、単行本という形で、かつここまで細部にわたってスローガンという会社について書いていただいたのは初めてですし、取材いただいた5社についても、スローガンが採用のパートナーとして関わっている会社さんである点も考えると、スローガンの理念や活動を1冊にまとめてくれた「初のスローガン本」という位置づけを勝手に(自分たち視点で恐縮ですが)持っていたりします。なので、過去、スローガンという会社に少しでも関わりをもってくださって、興味をもっていただいたり、応援をしていただけている皆さまには是非お手に取って読んでいただけるとうれしいです。

yutaslogan at 15:57コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月05日

未来社会への投票

あけましておめでとうございますのタイミングには少し出遅れましたが、あらためて本年もどうそよろしくお願いいたします。私個人は4日の昼から仕事始めでオフィスにて仕事を始め、今日も出社していますが、会社としては明日の6日月曜からが仕事始めです。

カレンダー上は9連休になりますので、ゆっくりと考える時間がいつもの年末年始よりも取れたようにも思います。改めて自分たちのやっていること、取り組んでいる事業の持つ意味や意義について考えました。

そのうちの一つとして、なぜ、私たちがGoodfindという学生向けの就職活動に使うサービスを運営しているのか?という点について書いておきたいと思います。

就職活動というのは、学生ひとり一人が自分の才能や力をどの産業に投入するのか?を意思決定するプロセスである以上、未来社会への投票であるとも捉えられると考えます。未来の社会がどのように変わるかを左右する重要な行動であるという意味においては、政治家に投票する選挙よりも、直接的な影響力をもった1人1人が参画する社会づくりだとも言えると思うのです。

つまり、若い人たちの才能と力をどの産業に配分するかで、その社会の未来が決まる。のではないかと。

すでに過去の社会課題を解決した、役目を終えつつある成熟した企業よりも、これからの課題を解決する未成熟な領域や、社会を良い方向に変える可能性のある企業に、 才能と力を投じる社会にすることで、社会を良い方向に変えられるはずだという信念をもって、私たちは仕事をしています。

未来社会への投票を通して社会を変える 、チェンジメーカーとしての気概をもって、今年も全力で仕事をしたいと思います。

今年は、お客様への提供価値をしっかりと実現していくと同時に、いくつか新しい試みもスタートしたいと思っています。やりたいこと、実現したいと思うことの1%もまだ実現できていないので、今年のうちにできるだけ種まきをしていきたいと思います。私の性格的に、地味に小さくスタートするので気づかないかもしれませんが笑、生暖かく見守っていただければと思います。


最後に、お知らせです。
久しぶりに採用サイトをリニューアルしましたので、ご覧いただけるとうれしいです。
スローガン株式会社 採用サイト

2015年卒の新卒採用活動も開始します。
Goodfindからエントリーしてください



yutaslogan at 18:21コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月09日

嫌いなことの殆どは下手なだけだから上達する努力をすればいい

ふと、思うことを書きたくなったので、書いてみたい。

(文体ももう気にせずに、思うままに書き殴ってみるスタイルを試してみたい。偉そうに聞こえたらすみませんと先に謝っておきます。今後、いろんな文体を自分が継続して書きやすいように試行錯誤していきたいと思います)

苦手だな、気が重いな、嫌いだな、とかうだうだ思うことって誰にでもあると思うのだが、私にも当然ある。そんなに多くはない方で、なんでも楽しんでしまう方なのだが、やっぱり出くわすものだ。もう少し正直に言うと、日々出くわしていると言っていいかもしれない。

というのも、この立場(人と話す仕事、人と人をつなぐような仕事をしている、何十名かの社員を抱える会社の経営者という立場)をしていると、なかなか言いづらくカミングアウトしづらいのだが、私はコミュニケーションが苦手なのだ。初対面の人に会うときに気が重いことも多い。

ただ、それは、単にコミュニケーションが下手くそなだけなので、上達の努力をしろよ、という話なのだと理解している。そう思い返す度、多少気が重いと思う機会も、一転して、自分の上達のプロセスであり下手クソだからこそ、意識して気合を入れて創意工夫しながら臨むように切り替わる。そうすると気合が入っている分、上手にできることもあり、上手にできると楽しいし、好きになるものなのです。

もし、今の仕事がつまらないとか好きになれない、とか思っている人がいたら、こう自らに言い聞かせてみると良いと思う。

「仕事がつまらないだって?それってお前が下手くそなだけだよ。必要な量の上達する努力をしたのかい?」

仕事全体に限らず、ひとつ一つの気が重くなるタスクに対して、そう言い聞かせて、必要な努力をする前向きなエネルギーに変えていけたら、もっと人生を楽しく生きられそうな気がするのだが、いかがだろうか。ストイックすぎるだろうか。

yutaslogan at 00:01コメント(1)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年10月01日

9期目スタート

スローガンは10月1日から新しい期を迎えました。
8期も昨年比1.3倍となり、ここ5年間の成長率は1.3倍から1.7倍のレンジで成長を継続できています。
今期のテーマは、既存事業への集中と将来への種まき。前期は、既存事業は顧客数が増えたこと、期待値が高まったこともあって、社内リソースの増強が追い付かず、サービス提供が不十分になりがちなケースが一部見られました。10月から体制も強化して、あらためてサービスレベルを向上させて、貢献価値を高めるところに集中します。

一方で既存事業の事業ライフサイクルを考えて、数年後を見据えた次の種まきをしていくことも重要です。あくまで今期は既存への集中が中心で、新規は種まきであるというのポイントです。いくつか事業開発対象の候補案があるのですが、少しずつプロトタイプづくりに着手できればと思います。

体制としては、これまで離職率が極端に低かった会社でしたが、少しずつ3-5年やってきたメンバーの何名かが離脱するタイミングも重なり、人が辞めていくのはさびしい局面でもありますが、それぞれの人生が良いものになるように応援し、快く見送りたいと思います。長い目で見れば、出戻りに限らず、また一緒に仕事をする可能性も高いので、本当にそう思っています。
考えてみれば、3-5年前は社員も数名〜10名程度のタイミングで神田の狭いビルにいたわけで、そこから青山の広いオフィスにいる30名規模の会社(正社員以外のアルバイトも入れると60名以上)になっているわけで、かなり別の会社になった感はあります。

うれしい報告もあります。8月、9月、10月とキャリア採用で毎月1-2名ずつ増えてきました。経歴も多彩です。

ここ1か月ぐらいで、創業期から成長期に入る組織のあるあるの課題に直面して考えることが大変多かった数カ月だったように思います。もろもろ道筋も見えてきて基本ポジティブではありますが、足場固めを重視して、謙虚に前向きに攻め続けたいと思います。お世話になっている皆様方に感謝し、つくりたい社会の実現に向けて尽力する所存です。

※後日追記修正。(11/8)
個人の経歴に関する情報の部分を削除しました。

yutaslogan at 22:32コメント(2)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年09月10日

労政時報にて紹介いただきました

労政時報という人事向けの専門誌があるのですが、こちらに6ページも、スローガンの紹介記事を掲載いただきました。注目企業紹介といった感じの取材記事です。弊社の創業経緯から存在意義、ビジネスモデルまでとてもよくまとめていただいております。

労政時報(2013年9月13日発行版)



yutaslogan at 15:19コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月16日

ベンチャーを選んだエリートたち

プレジデントオンラインで私が取材協力させていただいた記事のシリーズが掲載されておりますので是非ご一読いただければと思います。

ベンチャーを選んだエリートたち【1】テラモーターズ
ベンチャーを選んだエリートたち【2】リブセンス
ベンチャーを選んだエリートたち【3】フォルシア
データで見る東大生の就職事情 - 一流企業を蹴る東大生続出のワケ

今回取り上げられている3社以外にも、まだまだ魅力的で、大手有名企業や外資コンサルなどの内定を辞退して入社を決める東大・京大・早慶などの学生が多数いるスタートアップやベンチャーはありますので、もっと知ってもらう機会を増やせればと思っています。

後日追記
データで見る東大生の就職事情 のリンク先が間違っておりました。勇気と活力が湧く「心の科学」になっていたようです笑。失礼しました。期せずして、大変趣深い記事でしたので、よろしければブッダ様の教えもご一読どうぞ。念のため、私は無宗教です。

yutaslogan at 12:05コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月18日

通年採用・夏採用 2014年卒向け

Goodfindでは、2014年3月卒業予定の皆さん向けにも、まだまだ通年採用・夏採用の面白い会社を紹介しています。先日も留学帰りの学生でピークタイムの3-4月頃の就活を逃した学生が、通年採用企業に内定をもらって入社を決めました。最近だと、国家一種からの転向組もエントリーや相談に来ています。
毎年、夏から秋にかけて、会計士試験合格組だけど監査法人に行くのを迷っていてコンサルやベンチャーに興味があるという学生もいますし、大手企業に内定していたが、やはり内定者に違和感を持ち、就職活動を再開する人もいて、この時期からでも良い学生と良い企業のマッチングの機会はあります。

皆さんの周りでも、2014年卒世代で、就職先を再検討している、またはそもそも就活を遅くに始めてまだ企業を探している人がいたら、通年採用・夏採用のGoodfind厳選企業エントリーをご案内いただければと思います。

ちなみに、弊社(スローガン株式会社)の新卒採用については、2014年卒世代で5名の内定承諾者がいます。過去、この時期はいつも1名いるかいないかだったので、目覚ましい進歩です。女子3名、男子2名で、北大・院、東北大、東大・院、理科大・院、京大・院と、院生多めで年齢高めですが、全国から採用できました。
計画では、あと数名、通年採用枠や、インターンからの入社ルートで入ってくる予定なのですが、どうなることやら。興味ある方がいれば、是非気軽にコンタクトいただけるとうれしいです。

スローガン株式会社・インターン採用エントリーページ
※新卒入社と関係なく、純粋に長期インターン(アルバイト)として興味ある人も歓迎です。ちょうど今、各部門で採用強化しているようです。

yutaslogan at 19:45コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
SOCRUIT.ME
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 アントレプレナー型人材の輩出支援のベンチャーヒューマンキャピタルと新事業立ち上げをおこなうインキュベーションで新産業・新事業を創造する社会をつくります。 リンクはご自由にどうぞ。ただし、本ブログに記載されている内容は個人的な見解に基づくものであり、所属する組織の見解ではないことを予めご承知の上お読みください。 当社運営メディア Goodfind Facebook Twitter LinkedIn
Recent Comments