2008年04月

2008年04月28日

MBAに憧れる若者心理

私も、昔MBAを取得したいと思った時期があります。新卒で入社して、1-2年目の頃です。
純粋に経営について勉強してみたいと思ったのと、なんかかっこいいと思ったのといろいろです。怠惰で不勉強な学生時代を送った反省からなんとかリカバリーはできないものかと思って、一発逆転の手段としてキャリアエリートの幻想を抱いたような感覚だったように思います。
しかし、いろいろな人の話を聞くにつれて、本当に経営者になりたいのであれば、悠長に留学して勉強などしている暇などないと思うようになりました。

高校・大学の同級生の中でも優秀な連中はきっとMBAにでも行くのだろうかと思って、社会人3-4年目の頃に参加した同窓会にて、キャリアプランを聞いてみると、「MBA?興味ないよ」「1-2年間も勉強だけのためにブランクを空けるのはもったいない」との答えしか返ってこなかった。「MBA行きたい」と言っているのはどちらかというと敗者復活戦的にコンプレックスをもっているタイプが多いように感じられました。

ちなみに、私の前職の大企業でも、MBAの社費留学制度が存在していたが、本当のエース級人材は応募していないケースがほとんどでした。エース級の人材はそもそも仕事の現場で活躍しており、留学など興味がないし、会社側も2年間も現場から手放すのはもったいないと考えて、社内の仕事を通して幹部育成をするのが基本です。

結局、仕事力や経営力というのは、現場を通して実践することでしか身につかないのです。経営者になりたいのであれば、経営の勉強を机に向かってするのではなく、経営者のそばで経営者視点で働く修業をするなり、自分で会社を経営してみるなりすることが一番早いのです。
何もうしろだてがない中で、経営を実践してみる、ベンチャーに飛び込んで経営者のそばで修業してみるというのは、ある種、リスキーかもしれません。それよりは、海外に留学して、英語もできるようになり、MBAという学位も履歴書に書けるようになる、方がなんとなく確かなものとして信じたい依存心(軟弱な心)もわからなくもないです。
しかし、リスキーだからこそ、価値があるのだと思います。

報われるとわかっていることは誰もが努力できます。
報われるかどうかわからないものを努力できる人が成功者になるのだと。

努力をして向上心があるように見えても実は安きに流れているMBA志向の若者よりも、安きに流れないたくましさがある若者が増えると面白くなると思っています。

yutaslogan at 11:37コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
気づきの言葉 

2008年04月25日

されど成長

1年前ぐらいに日経新聞に連載されていた「成長を考える」のコラムを編集しなおした本です。

今、現在、日本で起きている変化、危機意識と希望の可能性を整理する上でよくまとまっている本だと思います。個別事例や事象について、もう少し、深く知りたい場合には、自分で研究する必要がありますが。

いまひとつ日本の危機感を実感できていない人には一読をおすすめします。

スローガンも事業ミッションの1つとして、日本の経済成長をいかに実現するか?ということを真面目に考えています。

されど成長


yutaslogan at 23:48コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
書評 

2008年04月21日

IT革命

4月に入って、オフィスに急速にパソコンが増えました。中古で買い付けたもの、他社様からのいただきもの、Dellで新品でオーダーした高性能スペックマシンなど、スローガン史上過去最高の充実ぶりです。
スローガンにもIT革命が訪れようとしています(笑)。

あとは、会社の業績のパフォーマンスも連動して上がってくれると良いのですが。こちらは人間のCPUもフル稼働で頑張ります。

yutaslogan at 23:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

2008年04月19日

親離れ・子離れ

ちょっと前になりますが、今年の東大の入学式には、新入生約3,200人の周囲を、約5.300人の父母らが囲んだというニュースがありました。

テレビなどでは、親離れ、子離れしましょうよ、という論調でのコメントが多かったようですが、そもそも東大に入ろうという時点で軟弱な人が多いんではないでしょうか。箔に頼る軟弱さというか。私含め、東大にとりあえず入っておこうという軟弱な発想でしたので、あまり他の人のことを言えませんが。

ちなみに、入学式には私も両親もともに出席しなかったので、親離れ・子離れ云々の前に、入学時から親子ともに大学離れをしてしまっていたわけですが。

yutaslogan at 21:22コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

2008年04月18日

軟弱さへの羞恥心

大手企業に行くことを考えるときに、
「やだよ。だってもう既に大きいじゃん」と思えるたくましさ。
「ベンチャーは危険?小さすぎる?だから良いんじゃん」と言えるたくましさ。
そんなたくましさに飢えています(笑)。
代わりに聞こえてくるのは、軟弱な言葉ばかりです。
「福利厚生が充実している会社で安定した給料で働き、結婚して家族を大切にしたい」とか言うのも、最後に「家族を大切にしたい」という当たり前の美辞麗句をつけることで、正当化しようとしているだけの軟弱発言でしかありません。
上記、福利厚生云々は軟弱すぎるとして論外としても、「外資コンサル行って成長したい」とか「大企業行ってMBA留学したい」とか、一見えらそうな人たちも、軟弱よわよわの部類です。

外資金融とか外資コンサルとかをありがたがったり、へんに拝めたりするのはもうやめましょう。MBAとかもへんな幻想もちすぎです。
「外資金融か外資コンサル行って、MBAも取りたいんですよね」とか
「留学制度があるので商社に行って海外留学したいんですよね」とか
軟弱でかっこわるい発言だと思うのですがいかがでしょうか。
そんなブランドやはくをつけることばっかり考えてないで、本当に勝負できるチャレンジスピリットを持った、もっとたくましい人々がもっと生まれてくるムードを創っていきたいですね。

まずは、軟弱であることへの羞恥を。

yutaslogan at 23:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

2008年04月16日

中核メンバーと年齢の関係

スローガンは、3期目の途中ですが、相変わらずコアとなる商品・サービスがまだ確立されていない状態であり、シードステージと言っていいかもしれません。資本金も私の自己資金100%のままです。これから商品開発や人員拡大に向けて必要な投資をしっかりとしていこうというフェーズに突入しつつあります。

そう考えると経営の中核を担っていくメンバーをいかに集めていくかということも真剣に考えないといけません。

余談ですが、
「経営者になるにはどうしたらよいか?」こう質問されたら、私は、3-4人のベンチャー、大きくても10人以下の会社にジョインしてできるだけ経営に近いところで仕事をすることを勧めています。

その意味では、スローガンはとてもおすすめなのです(笑)。
しかも、社会的な意義を第一に掲げていますので、社会貢献性を満たしながらビジネス創造力を磨けるベンチャーとしては、希少かと思います。

では、どんな人が中核を担っていくのだろうかと考えたときに、もちろん、今後、中途採用である程度の経験がある人が入ってくることも前提としてはありますが、若い人にこそチャンスがあるようにも思います。

ソニーの創業者である、井深大さんと盛田昭夫さんは1946年に東京通信工業を設立します。井深さんは1908年4月生まれ、盛田さんは1921年1月生まれ。12才違いなんです。東京通信工業を設立時には、盛田さんは25歳で、営業担当の常務として設立に参画しています。

同じく、戦後日本を代表するベンチャーであったホンダの創業者である、本田宗一郎さんと藤沢武夫さんは、それぞれ、1906年11月生まれ、
1910年11月生まれで4才違いです。ちなみにホンダにジョインしたのは、39歳のときに常務として参画しています。

一方で、同級生同士とか同じぐらいの年齢のパートナーと二人三脚でやっている例もありますし、ずっと実質経営者は一人で会社を大きくするケースもあります。要はさまざまだということです。

今年の来年の新卒で2009年4月に社会に出る学生たちは、私と8つか9つ違い(院卒なら6つか7つ違い)ですので、上記例を鑑みるに、将来、経営パートナーとして成長していく可能性も充分秘めているのだろうと思うとわくわくします。いますぐにとはいかないまでも、数年内に、将来、経営者を目指すような志のある若者がスローガンにジョインして、ともに事業の拡大と社会への貢献が実現できると良いなと思っております。

yutaslogan at 11:49コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
人材発掘・育成 

2008年04月15日

メッセージ

最近、ブログを読みました、とか言ってくれる人たちが多いので、もう少し真面目に更新しないとなぁと思っています。

最近のテーマというか関心ごとはどうしても仕事がらみで、就職活動に伴う若者の価値観や社会観などの話になってきます。ここ数ヶ月間で来年就職予定の学生さんたちと会話をしてきて、いろいろと私も勉強させてもらいました。

そもそもどんな考え方をしているのか?よくある誤解は何なのか?どういった話をしてあげるとたくましく変わってくれるのか?

周りの学生やあまり無関心な大人たちは、「すごいねー、優秀だね」と言ってしまいそうな場面でも、ぼくには「なんて弱々しいんだろう」「軟弱で頼りない」と感じることが増えました。ある種、ぼくらの傲慢かもしれないし、ある種、彼らの勘違いかもしれないですが、いずれにせよ、甘やかされすぎているのはあまりよろしくない状態かと思っています。

仕事のスケジュールの関係もあり、4月に刊行予定であって、書籍も一旦延期して、じっくりと再度中身について練り直す機会ができました。もう一度、世に問うべき、新しい気づきのメッセージをいかに紡いでいくかを深く考えたいと思います。


yutaslogan at 23:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

2008年04月14日

大成功がない人生

リスクをとらなければ大成功はない。
リスクリターンの大原則。

リスクをとらない選択をした時点で、平凡なパフォーマンスが確定すると考えたら、逆にリスクの少ない方の選択肢を取ろうなどと思えるのだろうか?

いずれにしてもリスクをとって挑戦したチャンレンジャーの事例やロールモデルで、アクセスできるものが少なすぎるのも原因かもしれません。

あるいは、そもそも平凡でよいというひらきなおり。
平凡でも良いではないか?という平和ボケが日本を覆っていられるのもいつまででしょうか?一度、沈没しないと気づかないのかもしれません。

yutaslogan at 23:25コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
気づきの言葉 

2008年04月08日

先見力とは

日本の成長戦略の実現に向かって何ができるか?
自分たちがちゃんと貢献する方向に働いているか?
そんなことをしっかりと考えながら、グローバルの動きと日本のポジション、そして、時間軸の流れの中での変化とそれにともなう課題。

自分たちがやっていることは本当に日本にとって、世界にとってプラスだろうか?という自問自答をしっかりとしていないと、ずれてしまう可能性もある時代。何をやってもそれなりにハッピーになれた幸せな時代はもう終わっており、これからは普通にやっていると相対的に不幸になる可能性が高い時代だからこそ、しっかりとした見極めが必要なのだと思います。
自分が楽しいから、お客様が喜んでいるから、そんな理由だけでビジネスをやると大きな視点でみると間違ったことをしてしまいそうです。ここで書くと波風立つので、具体的には書きませんが、そんなビジネスがいくつもあります。ビジネスには、ある種の功罪がつきものかと思いますが、罪の部分が大きくなってしまっているものも増えたのかもしれません。難しい時代です。

なんだか年寄りっぽい発言ですが、自分よりも10歳近く若い学生たちと日々接していると多少考え方が老けてくるものですし、特に最近のお気楽、楽観主義的な発想に触れるや、むしろ悲観的にならざるを得ません。

ずっと遠く未来から今を振り返ってみたら、今が日本にとって、すごくターニングポイントになっているような気がします。

先見力とまでは言えませんが、なんとかなく、先見性とかどうやって持てるものなのか、が少しずつわかってきた気がします。勝手な勘違いかもしれませんが。

yutaslogan at 23:47コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

2008年04月07日

スローガン新卒採用セミナー

スローガンでは自社の新卒採用セミナーを開始することにしました。

今年は、やはりリクナビ等大手媒体に載せても埋もれそうなので、公募での採用は控えようかと思っていたのですが、ダメもとでセミナーやってみようということになりました。

当社は、いわゆる人材系ビジネスに属していますが、あまり人材系という自覚はありません。どちらかというと、教育やメディアやコンテンツといったドメインに近い感覚です。人材=人材派遣。人材派遣=ピンはねという感じでイメージの連鎖でか、人材=イメージが悪いようですが、私たちのビジネスは人材派遣ビジネスではありません。人材採用のプラットフォームビジネスや教育・コンテンツビジネスです。楽しく働くとか、そういう次元の話ではなく、社会的な意義を追求して、人的資源の再配分をテーマに日本経済の成長への貢献を真剣に考えたビジネスです。

また、当社は、スタートアップベンチャーであり、ようやく役員含め、5名のスタッフ体制にプラスアルバイト・インターンの学生が数名働くという超少人数ベンチャーです。3期目の半ばを過ぎたところですが、4期目に向けて、10名の組織体制を創ることが短期の目標です。むこう3年以内に社員30名体制まで組織を拡大して、クライアント企業200社、個人のユーザー数5万人を獲得することが目標です。

直近の今期も、増資や社外からの役員参画など、経営体制を強化していく構えです。正直おそるおそる経営してきた創業初期の2年間を超えて、ようやく攻めの経営に転じる体制と気構えができたと言ったところでしょうか。

スローガンの新卒採用セミナーは4/16(水)、4/23(水)にて実施予定です。

yutaslogan at 23:42コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
人材発掘・育成 

2008年04月05日

スローガン

当たり前の話ではありますが、スローガンというキーワードで検索されて個のブログにたどりついている人が一定数いらっしゃるようです。

しかし、スローガン株式会社を探しているわけではなく、標語だったり、キャッチコピーだったりといった意味でのスローガンや、スローガンの作り方みたいなところに興味を持って調べている人が多いみたいですね。

コピーライティングの事業でも始めようかと思っています(笑)。半分冗談で、半分本気ですが、当社は採用セミナーの企画から集客までアウトソーシングいただいているビジネスを行っているため、その際に、キャッチコピーやスローガンをまさに考えて創ることが重要な仕事だったりもします。

4月中にサイトをスローガンの会社ウェブサイトもリニューアルして、事業内容やサービス、理念やミッション・ビジョン・バリューをもう一度整理して、書き直そうと思っています。

当社の新卒採用もひそかに企画中です。現在、ウェブ上では公募していませんが、興味ある学生さんいれば、直接コンタクトください。

[PR]ベンチャー就職・ベンチャー転職のGOOD FIND


yutaslogan at 20:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn