2012年10月

2012年10月20日

成功はすべてコンセプトから始まる

京都大学のIMS寄附研究部門の木谷教授が書かれた新刊「成功はすべてコンセプトから始まる」を読みました。木谷先生は、京都大学で起業家精神やベンチャースピリットを伝えるべく、ご自身のマッキンゼー、興銀、企業再生のファンドでの経験をもとに学生たちに刺激を与える活動をされています。私も、数年前から京大の学生からの紹介でお会いし、すぐに意気投合させていただき、京都大学の学内イベントであるキャリアセミナー@京都の企画・運営・集客などのお手伝いをしております。

印象的だったフレーズをメモしておきます。気になった方は、是非本書を読んでみてください。


(アイデア出しは、ハードルを上げすぎると失敗する)
・オリジナルにこだわるな(横山禎徳氏)
・アイデアのオリジナリティにこだわるのは失敗への第一歩。
・コンセプト自体は他人からの借り物であっても、本気で取り組めば自分のものできる
(普段と違う環境をいかにつくるか)
人断ちして孤独になってみる
・本当に黙する者だけが、本当に行動することができる(キルケゴール)
・生産的になるには充電は必須
・一人できっちり発想できる「孤独力」を失ってはだめ
(根拠=自社の強みではない)
・自分の強みをつくるな(宮本武蔵「五輪書」)
・強みにこだわっていると戦略の選択肢が減る
(強みを生かすのではなく、どうやったら勝てるかで発想する)
・自分の強みを生かそうという発想は、市場や顧客より自分の都合を先に考えていること。
・組織の都合を優先して戦略を立てれば、必ず失敗する。
・プロの経営者には「強みを生かす」という発想はなく、どうやったら勝てるかの発想しかない。
(コンセプトのコミュニケーションとは、楽観論を売ること)
・強い組織の中では、楽観論が通用している。
(忙しさの中で、失われてしまうもの)
・「断片的にさまざまな仕事を片付けている一日が、実は最も怠惰な一日」(「意志力革命」より)
(モチベーションだけでは、乗り切れない)
・何かインパクトのあることを達成しようと思えば、不確実な状況は避けて通れません。「モチベーションを上げる工夫」だけでは乗り切れない。
(インパクト=コンセプト+意志力)
・似たようなコンセプトが既に世の中にあるかもしれないが、それはそれでよい。あなたが他の誰よりも鮮明にイメージし、意志力をもって取り組めば、それはあなたのものになる。


成功はすべてコンセプトから始まる
成功はすべてコンセプトから始まる



yutaslogan at 13:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月04日

8期目に入りました

今週から8期目に入りました。
規模が大きくなれば偉いのかというとそんなこともないのですが、ゼロから何の後ろ盾なしに始めた身としては、ないない尽くしから少しずつメンバーが増えて、お客様も増えて、協力者も増えて、できることが増えていくことはとても喜ばしいことだと思っています。

sloganoffice201209
※↑ 8月末から移転した青山のオフィスでの記念撮影

自分も含めた社員数の変遷としては、創業初年度からこんな変遷をたどっています。
1名→2名→4名→7名→8名→11名→19名→21名(今ここ)
うち正社員で雇用した後に、辞めたメンバーは1名(起業)しかいません。
インターンメンバーについては、多くのメンバーがスローガンで活躍し成長し、その後さまざまな分野に巣立っていきました。彼ら彼女らの貢献もとても大きかったと思います。

これまでの7年間、私たちなりに社会の問題を捉えて、世の中を少しでも良い方向に変えられないか?と模索してきました。まだまだ模索していますし、日々進化しているつもりです。

8期スタートにあたって、私たちが存在する意義は何か?というところを改めて言語化してみました。

スローガンの存在意義(Mission Statement)

"知恵の共有"と"才能の最適配置"によって
新産業・新事業を創造する社会をつくる


ということです。

"知恵の共有"というのは私たちが考える、新しい時代にマッチした大学教育を実現する「もう一つの大学」構想がこれにあたり、ゆくゆくは大学生に限らず、社会人、中高生のフィールドにも"知恵の共有"の仕組みづくりのチャレンジをしたいと思っています。

"才能の最適配置"とは、偉そうな言葉なのですが、社会的に浪費されている、または無駄遣い・塩漬けされている才能や殺されてしまう可能性のある潜在能力をどう最適なフィールドに配置して、社会全体の生産性を上げられるかのチャレンジです。現在は新卒領域のさらに新産業領域に特化して仕組み構築をしていますが、新卒の別の領域や、グローバル展開、そして中途領域への展開といった展望も具体的に描き始めています。

そうした結果、私たちが実現したい世界観は、時代に合わせて新しい産業・事業が創造され続ける社会です。

採用活動強化中です

この世界観を実現するためには、まだまだやり切れていない、着手できていないことがたくさんありますし、日本だけじゃなく、国外にも目を向けるとまだまだフィールドがたくさんあると思っています。やるべきことだらけです。

引き続き、スローガンでは採用活動を強化しており、13卒予定の新卒、14卒新卒、既卒の第二新卒も積極採用中です。経験者であれば、人材紹介会社出身のエージェント業務経験者、人事コンサルティング経験者、事業開発、Webエンジニア、デザイナーなどが採用像ですが、ハイポテンシャル枠で業種・経験分野問わず採用している実績もあります。

上記理念や考え方に共感した皆さまと、何かしらの形で一緒に社会を良い方向に変えて行く活動ができたらうれしく思います。

★スローガン採用サイトです。
http://recruit.slogan.jp/info/index.html

★スローガンの最新求人状況などをSOCRUIT.MEでフォローできます。
スローガンのSOCRUIT.MEページ

★ジョブセンスリンクでアシスタント採用をしています。
http://job.j-sen.jp/21886/

★Greenで中途採用募集しています。
http://www.green-japan.com/company/1310

★キャリアバイトで学生エンジニア/デザイナーを募集しています。
http://careerbaito.com/job/637

yutaslogan at 16:39コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn