2007年08月08日

伝え手の責任

今日は朝から一件、不手際がありました。お客様に大変迷惑をかけてしまいました。原因究明と対策を徹底して、気を引き締めて行きたいものです。考えてみると、仕事上のトラブルの多くは、コミュニケーションの問題である場合が多いです。

あることが伝わっていないことが原因。伝わっていないのは、受け手の責任ではなく、伝え手の責任。スタッフが他のアルバイトスタッフに伝えきれていないのは、スタッフの責任でもありますが、そもそもスタッフに伝えることを徹底していない私の責任であるので、結局は私の責任になります。

情報を伝えるとは、ただ言ったり、書いたり、送ったりするだけでは、全く持って不十分であり、相手がこちらのリクエスト通りに動いて、初めて伝わったことになる。


ということです。どうやったら、ちゃんと動いてくれるか?を考えてしつこくしつこく情報伝達の品質管理を徹底していきたいと思います。

私は普段ピリピリしないのですが、朝からこういうトラブルが起こるとどうもイライラしてしまいます。誰が悪いわけではなく、私が悪いので、イライラしても仕方がないと言い聞かせますが。

yutaslogan at 13:09コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
気づきの言葉 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn