2007年08月28日

寝ている場合ではない

本日、伊藤のスローガンは何か?と聞かれました。

スローガンを持って生きようとうたっている以上、自分が持っていないのはまずいですが、私の中にはいくつかそのときどきでテーマに決めていることがあります。そして、思わず「寝ないで働こう!」がスローガンです、と言ってしまいました。
先方が若干ひいてしまったのを感じたので、急いで言い直して、「寝てる場合ではない」に変えました。

最近は、もっともっと必死に1週間まともに寝ないぐらいの覚悟で事業をやらないといけないなと強く感じています。元来、マイペースかつポジティブ(楽観主義)なところがあり、あまり尻に火がついたような状況にならないのですが、そもそももうすぐ20代の終わりを迎えて、良い仕事ができる気力・体力があるのが仮に60歳ぐらいまでだとすると、あと30年ちょっとしかないわけです。30年で自分が成し遂げたいビジョンを実現できるかどうか?と考えると、時間はいくらあっても足りないなと思ってしまいます。寝ている場合ではないし、フットサルの後に飲みに行っている場合ではありません(すみません。。先週土曜に高校友人とフットサルして後に同窓会ちっくに飲みました)。

あ、本題に戻りますが、もっと聞こえが良いが、泥臭い感じのスローガンがあった方が良いかなと思いました。考えておきます。

yutaslogan at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
独り言・備忘録 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn