2013年02月17日

GROW by ジム・ステンゲル

ジム・ステンゲルの「GROW」という書籍。あまりにも良かったので、英語の原書も追加で買ってしまいました。

私の仕事柄、ベンチャー企業を中心に会社を見る機会が多く、良い会社とは何か?継続成長する会社の条件とは何だろうか?と考える機会が多いのですが、その中で、ひとつ確信しつつあった要素が、理念の重要性です。その点について、理念がどうだと良いのか?良い理念、悪い理念とはどのようなものか?といった点について、私なりに考えをまとめつつあったのですが、今回のGROWでは、まさにその論点について語られていました。

起業家・経営者の皆さんも一読すると、自社のあり方について改めて深く考えるきっかけになると思います。どのステージの会社の経営陣の方々にも気づきや発見があると思います。

転職や就職を考えている方々にとっても、会社選び、会社の良しあしを見究めるひとつの軸として、この本に書いてあることは新しい視点をもたらしてくれると思います。

本当のブランド理念について語ろう  「志の高さ」を成長に変えた世界のトップ企業50
本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えた世界のトップ企業50

Grow: How Ideals Power Growth and Profit at the World's Greatest Companies
Grow: How Ideals Power Growth and Profit at the World's Greatest Companies


yutaslogan at 17:05コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn