2013年06月24日

「一流企業を蹴る東大生続出のワケ」(プレジデント)に掲載

本日発売のPRESIDENT (プレジデント) 2013年 7/15号のスペシャルレポート「就職戦線異状あり!一流企業を蹴る東大生続出のワケ」(P112)に私のインタビューを掲載いただきました。

20130624_114158

これまでスローガンでお手伝いをしてきた、テラモーターズ様、リブセンス様、フォルシア様も併せて紹介されていまして、私のよく知っている元学生の皆さんのコメントも多く掲載されていました。

敢えてキャッチーにするために、タイトルで東大生が一流企業を蹴るという事象にフォーカスしているなのだと思います。東大生だからとか一流企業を断ったから、ということ自体が何かすごいことかというとそうではないと思いますが、一つの社会的変化の萌芽と見ていただければと思います。

私たちもすべての学生がベンチャーやスタートアップに向いているとは思いませんし、すべての学生にベンチャーをすすめたいワケではありません。しかし、本文中にもありますが、あまりにも「まずは大企業へ、有名企業に行くべし」との声も強い中、大企業が合わない人たちにとって、窮屈なのも事実だと思います。そうした人たちにベンチャーという選択をとる勇気を後押しできたらと思っていますし、そうすることで、起業家精神をもった人が増え、新しい産業・事業が次々と生まれて、社会を良い方向に変えていく流れをつくりたいと思っています。

yutaslogan at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn