2013年11月09日

嫌いなことの殆どは下手なだけだから上達する努力をすればいい

ふと、思うことを書きたくなったので、書いてみたい。

(文体ももう気にせずに、思うままに書き殴ってみるスタイルを試してみたい。偉そうに聞こえたらすみませんと先に謝っておきます。今後、いろんな文体を自分が継続して書きやすいように試行錯誤していきたいと思います)

苦手だな、気が重いな、嫌いだな、とかうだうだ思うことって誰にでもあると思うのだが、私にも当然ある。そんなに多くはない方で、なんでも楽しんでしまう方なのだが、やっぱり出くわすものだ。もう少し正直に言うと、日々出くわしていると言っていいかもしれない。

というのも、この立場(人と話す仕事、人と人をつなぐような仕事をしている、何十名かの社員を抱える会社の経営者という立場)をしていると、なかなか言いづらくカミングアウトしづらいのだが、私はコミュニケーションが苦手なのだ。初対面の人に会うときに気が重いことも多い。

ただ、それは、単にコミュニケーションが下手くそなだけなので、上達の努力をしろよ、という話なのだと理解している。そう思い返す度、多少気が重いと思う機会も、一転して、自分の上達のプロセスであり下手クソだからこそ、意識して気合を入れて創意工夫しながら臨むように切り替わる。そうすると気合が入っている分、上手にできることもあり、上手にできると楽しいし、好きになるものなのです。

もし、今の仕事がつまらないとか好きになれない、とか思っている人がいたら、こう自らに言い聞かせてみると良いと思う。

「仕事がつまらないだって?それってお前が下手くそなだけだよ。必要な量の上達する努力をしたのかい?」

仕事全体に限らず、ひとつ一つの気が重くなるタスクに対して、そう言い聞かせて、必要な努力をする前向きなエネルギーに変えていけたら、もっと人生を楽しく生きられそうな気がするのだが、いかがだろうか。ストイックすぎるだろうか。

yutaslogan at 00:01コメント(1)トラックバック(0) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みゃーぎ*にぎやカラフル絵描き人   2013年11月10日 00:42
こんにちは。イラストレーターをしておりますみゃーぎと申します。
初めてのコメント失礼致します。

記事の内容に激しく同意です!私自身も最近似たようなことを考えておりました。
難しい・苦手なことはつい避けがちですが仕事となるとそうも言っていられない訳で。
ですがそれら後ろ向きな感情も努力次第で克服できることに気付けたらその為に力を尽くすことも楽しくなるものだなぁと。

ごく最近自分自身で実感したことでしたのでコメントせずにはいられませんでした^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
伊藤 豊 スローガン株式会社 1977年11月に栃木県宇都宮市に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。文転し、文学部(行動文化学科心理学)卒業後、2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア,関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事すると同時に、ベンチャー企業の設立に携わり、マーケティング、ウェブ系プロモーションを主に担当した後、スローガンを設立。現在に至る。 「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで新産業を創出し続ける」をミッションに、人を軸にした新産業創出エコシステムをつくる活動に注力中。 スローガンGoodfindFacebookTwitterLinkedIn